母の日プレゼントは現金でも喜ばれる?どんな気配りが必要?

現金イメージ

母の日のプレゼント選びって難しいですよね~

そりゃ子供の頃なら何を贈っても喜ばれたものです。大人になった今でも基本は変わりませんが、やはり、本当に喜んでもらえるものを贈りたいのは誰でも同じですよね。

ただ、毎年贈っていればネタ切れにもなってきますし、全く何も閃かないこともよくあります。ここで選択肢として登場するのが現金です。現金なら母が自分で好きなものを買うことが出来ますからね。これほど合理的なプレゼントはありません(笑)

賛否両論ありますが、気配りさえ心掛ければ問題なく喜ばれます!

スポンサーリンク

母の日プレゼントは現金でも喜ばれる?

母の日プレゼントの現金は最終手段

まず、母の日プレゼントに現金を選ぶのは最後の手段です。

もちろん、自分で稼いだお金ということが大前提になりますけど、安易に現金を選ぶことはオススメ出来ません。何故なら、プレゼントとして現金を贈られることに抵抗のある人が多いからです。

マナーとして考えた場合でも、目上の人に現金を贈るのはタブーとされていますからね。

ただ、身内ならそこまで深く考える必要もありません。社会人であれば、親や祖父母に現金を贈るのは珍しい事ではないですからね。母の日プレゼントの現金も同じことが言えます。

現金を贈る時の気配り

母の日のプレゼントに限りませんが、結局はプレゼントに心がこもっているかどうかが重要になってきます。現金だと、どうしても心がこもってない印象になりやすいので、普通のプレゼントを贈る時以上に気配りに気を遣わないといけません。

現金だからこそ、渡す時の演出にはこだわりたいところです。

・お金を入れる袋にも気を遣う
・カーネーションなどを添える
・メッセージカードを添える
・渡す時に日頃の感謝を伝える

こういった気配りがポイントになってきますが、とにかく心を込めることが大切です。もちろん、長年暮らしてきた家族なので、必要以上に気を遣わなくても伝わることもありますが、ちょっと恥ずかしくなるくらいが丁度良かったりするんですね(笑)

母の日プレゼントはオマケで勝負!

現金とカーネーションのプレゼントもいいですけど、更に盛り上げるならもう一品添えるとGOOD!です。メインが既にあるので、あとは自分のセンスで選んでも問題ありません。

私は小さなぬいぐるみなどをよくチョイスしますが、こういった小物が会話を盛り上げたりもしてくれます。普段から面白そうなものを見つけたら、プレゼント用にキープしておくと重宝しますよ。

母の日プレゼント!一人暮らしで70代の母親に贈って喜ばれたものは?

2018.01.10

母の日に現金を贈る時の注意点

現金を贈るならいくらくらい?

母の日のプレゼントの相場は、3千円~5千円くらいが一番多いと言われています。ただ、現金で贈ると考えると、少しばかり中途半端な金額と言わざるを得ません。

・1万円

やはり、1万円は見ておきたいですね。

そして、出来るならピン札の1万円札を用意するのがベターです。ポチ袋もお札を折り曲げずに入れられるタイプのものを選ぶのが好ましいでしょう。

義母の場合は要注意!

同じ母の日のプレゼントでも、実母と義母では話が違ってきます。

実母なら現金のプレゼントでも問題ありませんが、義母となればそう簡単にはいきません。目上の方へ現金を贈るのは失礼になるというマナーも意識する必要がありますからね。義母に現金を贈るのは危険です(笑)

夫婦でよく相談して贈るようにしましょう。

母の日プレゼントが喧嘩の元になることも?

母の意思も尊重しよう!

現金に限りませんが、母の日のプレゼントが元で喧嘩になってしまうこともあるかもしれません。親子だからこそ本音が出やすいということもありますけど、そうなった時は、母親の意思をなるべく尊重するようにしたいですね。

何と言っても、母の日なのですから。

事前にリクエストがあれば応えてあげる。残念だと言われたことがあったとすれば、来年からのプレゼント選びの参考にする。それでいいのではないでしょうか。

母の日は何が起きても感謝の気持ちを忘れずに

ただ、そう素直になれないのが人間です(笑)

「私はこんなにやってあげてるのに!」

そう思うのも不思議ではありません。

でも、よく考えて下さい。母の日は、母親に感謝を伝える日です。自己満足する日ではありません。本当に心を込めて感謝を伝えれば、喧嘩になることもないはずなのです。もし何かカチンとくることを言われたとしても、感情に任せて言い争うのは論外ということですね。

本当に感謝しているのか胸に手を当てて考えてみましょう。

今回のまとめ

母の日のプレゼントに現金もアリです。

実母なら現金のプレゼントでも問題はありませんけど、現金だからこそ渡し方には十分な気配りが必要になってきます。もちろん、現金を裸で渡すのはあり得ません(笑)

きちんとした封筒に入れて、カーネーションや小物等を添えるのがいいですね。メッセージカードを利用するのもいいですが、とにかく、きちんと日頃の感謝の気持ちを伝えることが重要となってきますね。

現金でも心がこもっていれば喜ばれます(`・ω・´)ゞ

ということで、母の日プレゼントに現金のお話でした!


スポンサーリンク