鏡餅には二段と三段がある!地域によって風習が違うことを覚えておこう!

鏡餅イラスト

お正月に飾る鏡餅は二段重ねが一般的です。

ただ、地域によっては三段重ねもあります。

鏡餅に限らず、日本の風習は地域によって違うことが多いです。当たり前に思っていたことが、実は少数派だったりすることもありますからね。

当たり前と思い込みは紙一重なのです(笑)

では、鏡餅の二段重ねと三段重ねについてみていきましょう!

スポンサーリンク

鏡餅の二段と三段にはどんな違いが?

一般的な鏡餅は二段重ね。その意味は?

鏡餅は本来、年神様をお迎えする為に飾ります。

新年を迎えると、年神様はそれぞれのご家庭に福を運んできてくれるのですが、この時に宿るとされているのが鏡餅なんですね。鏡餅が飾られていないと、年神様は居場所がないので出て行ってしまいます。せっかくの福を逃がしてはいけませんね(笑)

鏡餅にはそういった由来があるのですが、よく見かける鏡餅は二段重ねがほとんどです。これもまた理由があります。

大きい餅と小さい餅を2つ重ねることで、陰と陽(お月様とお日様)を表現しています。重ねることは「年を重ねる」「福を重ねる」に通ずることから縁起が良いとされているんですね。

また、鏡餅という呼び名は、神事によく使われていた昔の鏡(青銅製の丸型タイプ)の形に鏡餅がよく似ていたことに由来するそうです。一説では、八咫鏡(やたのかがみ)という三種の神器の一つを象徴しているとも言われています。

日本のお正月にはこのような由来が沢山ありますが、鏡餅は特に色んな由縁が多いですね。三方、裏白、干し柿や橙、昆布など、鏡餅にお飾りにはそれぞれ由来が存在します。

橙とみかんの違いは?鏡餅に飾るのはどっちでもいいの?

2017.10.07

鏡餅を三段重ねにする地域もある

関西等の一部地域では、三段の鏡餅を飾ることもあります。

鏡餅の由来は諸説ありますので、地域によって風習が違うのも当然です。

また、三段の鏡餅は、三宝荒神さま(火の神)のお供えとしても知られています。荒神さまは火を扱う場所の神様なので、台所に小さ目の鏡餅を三段重ねで飾るご家庭も多くみられます。

三段の鏡餅を飾る地域は、この荒神さまへの信仰が強い傾向もあるようです。もちろん、由来はそれ以外にもあるとは思いますが、三宝荒神さまが関係している可能性は高そうです。

白い鏡餅も当たり前ではない?

私は石川県に40年以上住んでおります(`・ω・´)ゞ

石川県の鏡餅は二段重ねですが、餅の色は紅白が定番です!

紅白

この紅白の鏡餅は全国的にも知られるようになりましたが、実際に紅白の鏡餅を飾るのは本当に石川県だけみたいですね。私は物心ついた時から紅と白の鏡餅だったので、白2つの鏡餅にはどうしても違和感を感じてしまいます(笑)

うちはお雑煮のお餅も紅白ですからね。

お正月には紅白のお餅が定番なのです(≧∇≦)

今日のまとめ

鏡餅には二段と三段が普通にある

鏡餅は二段が当たり前ではありません。

三段の鏡餅も普通にあります。

三段重ね

一般的には、台所に飾る鏡餅として知られているようですね。

荒神さまにお供えするのがこの三段重ねの鏡餅です。

更には、鏡餅は三段重ねが当たり前の地域もあります!

日本も広いってことですね(`・ω・´)ゞ

あとがき

日本の伝統は、やはり、先祖代々伝わる習慣なのだと思います。

私も小さい頃は祖母から色んな話を聞いたものですが、当時はよく分からなくて忘れてしまったことが多いです。でも、大人になって時々ふと思い出すことってあるんですよ。

お正月になると、母も祖母と同じようなことをやってますからね(笑)

なかなか親とそういう話をする機会も少ないですけど、元気なうちに色々聞いておくといいと思います。鏡餅にしたって、日本の伝統でもありますが、各ご家庭の伝統でもありますからね。

もし、そういった家庭の伝統がなかったとしたら、今から作ればいいだけのことです。

これが私のお正月だ!

で、いいのではないでしょうか^^

ということで、鏡餅の二段と三段についてのお話でした!


スポンサーリンク