クレジットカードは一人暮らしの必需品!失敗しない使い方とは?

アイキャッチ画像

クレジットカードが無くても一人暮らしは出来ます。

私も一人暮らし歴が25年以上になりますが、クレジットカード無しで生活していた期間が大半です。特に困ったこともありませんでしたし、クレジットカードの必要性を感じたことも少なかったですからね。

ただ、今は完全に一人暮らしの必需品となってきています。

最近は、賃貸物件でもクレジットカードが必要になることもありますし、社会的信用を築くという意味でも若い頃からクレジットカードは1枚くらい持っておくべきなんですね。

クレジットカードに危険が潜んでいることは間違いないですが、正しく利用すればこれほど心強い味方はありません!(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク

クレジットカードは一人暮らしの必需品?

クレジットカードがあると便利

今はネット社会です。

何でもネットで申込める時代になりましたが、決済がクレジットカードに限定されているものもあります。銀行口座から直接引き落されるデビットカードで代用出来たりすることもありますが、確実性で言えばまだまだクレジットカードには遠く及びません。

ネット通販で何かを買うにしても、電気や携帯料金、プロバイダー等の固定費の支払いに利用するにしても、クレジットカードが1枚あれば何の問題もありません。そういった心配が無くなるだけでも全然違います。

賃貸契約にクレジットカードが必要なことも

また、アパートやマンションを借りる場合でも、以前なら連帯保証人を用意すれば誰でも部屋を借りることが出来ました。今は保証人不要で借りられる物件が増えましたが、代わりに保証会社との契約が必要になってきます。

この保証会社にも色々ありますけど、クレジットカードが関係してくることも結構あるんですね。ライフカードやオリコカードなどが有名ですが、賃貸物件の契約にクレジットカードが必須となるケースも多々あります。

家賃をクレジットカード払いにするには?家賃保証サービスって何?

2017.12.20

クレジットカードは信頼の証

逆に考えれば、保証人を用意出来なくても、クレジットカードを作ることが出来れば賃貸契約が出来る時代になってきたということです。これは私のような一人暮らしのベテランにとっては非常に助かることなんですね(笑)

親が高齢の年金暮らし、保証人を頼める知人もいない・・・

こうなってくると、部屋を探すのさえ苦労します。クレジットカードがあれば、保証人の心配をしなくても済みますからね。まさに、クレジットカードは一人暮らしの強い味方ということです!

クレジットカードは一人暮らしの節約に大活躍!

クレジットカードの利用でポイントが貯まる

クレジットカードの最大の魅力はポイントです。

ポイントのシステムは各社異なりますが、基本的に利用金額の0.5%~1.0%のポイントが還元されることになります。仮に1年で50万円利用したとすれば、還元率が1.0%なら5000円分のポイントが戻ってきますよね。

支払方法を変えるだけで5000円ですからね。

利用しない手はありません!(`・ω・´)ゞ

出費の管理が分かりやすい!

iDやクイックペイといった後払い式の電子マネーを搭載したクレジットカードも多いので、そういったカードを利用すれば電子マネーとしても使えます。少額決済でも気にすることはありません。

コンビニでいくら使ったかも一目瞭然になります。

クレジットカードに出費を集約させると、何にお金を使ったのかを把握しやすいです。一人暮らしだとお金の管理が適当になりがちですからね。毎日の節約にもクレジットカードは必ず役に立ってくれます!

クレジットカードの選び方

節約重視なら、ポイント還元率で決めても構いません。

狙うのは年会費無料の高還元率カードです。

・楽天カード
・ヤフーカード
・オリコカードザポイント
・リクルートカード

こういったカードが年会費無料で1.0%以上の高還元率となるクレジットカードとして知られていますが、初めてクレジットカードを作るなら、楽天カードかヤフーカードあたりがオススメです。比較的審査に通りやすいと言われております。

クレジットカードの審査について

クレジットカードは信用の証です。

誰でも作れるというわけではありません。信用のある人は作りやすいですが、信用の無い人は作りにくいです。長年公務員として働いている人なら難なく作れるクレジットカードでも、無職やアルバイトだったりすると一気に作るのが難しくなることがあります。

・職業と勤続年数
・個人信用情報機関の情報

主に重要となってくるのがこの2つです。

職業は公務員や会社員で長く勤めているほど有利になってきますが、自営業やアルバイトだとそれだけで減点されることになります。もちろん、自営業やアルバイト、主婦でもクレジットカードの審査に通ることは普通にありますが、公務員や会社員に比べると通りにくくなることは間違いありません。

そして、更に重要になると言われているのが、個人信用情報機関に登録されている情報の内容です。この個人信用情報機関には、クレジットカードや各種ローンの情報が記載されています。名前、生年月日、住所、電話番号などで登録されるので、一度でもカードやローンを利用したことのある人は情報が一定期間残ります。クレジットカードの審査では必ずこの情報を参照されるので、ネガティブな情報があればそれだけで審査に落とされることもあるわけです。

逆に、カードやローンをきっちり支払った情報があれば、審査に有利に働くことになります。全く利用がなくて情報が何も無いよりは、しっかり支払いをしたという実績があったほうが断然カードの審査に通りやすくなってきます。

年齢も若い方がクレジットカードを作りやすいので、早いうちにカードを作っておいた方が何かと都合が良いです。当然ですが、正しい使い方をすることが大前提となってきます。

クレジットカードの危険性を知っておく

クレジットカードは借金!

クレジットカードは信用で成り立っています。

借りたものを返すのは当り前。

短い期間だとしても、立て替えてもらった分は間違いなく借金です。確実に返済出来る金額以上を使ってはいけません。お金を使っているという感覚を絶対に忘れないでください。

リボ払いとキャッシングは避ける!

クレジットカードは「1回払い」が基本です!

・リボ払い
・キャッシング

これらを利用した時点で、クレジットカードでの節約は成り立ちません。せっかくコツコツ貯めたポイント分も、手数料で全て赤字となってしまいます。そして、リボやキャッシングの利用額が膨らむと、自己破産などの債務整理に繋がっていくこともあります。

リボやキャッシングは最初から利用しないことが一番です。

失った信用を取り戻すのは大変!

クレジットカードは一人暮らしの強い味方になってくれます。

しかし、クレジットカードが利用出来るのも、個人の信用があってこその話しです。延滞や債務整理などでクレジットカードが利用出来なくなると、再び信用を取り戻すには長い年月が必要になってきます。債務整理だと5年~10年はカードが作れなかったりもするので、そうならないよう十分に気をつけるようにしなければいけません。

まとめ

一人暮らしが長くなればなるほど、クレジットカードの必要性は高くなってきます。唯一の社会的信用になることもありますからね。

正しく使えばこれほど頼もしい存在はいません。

ただ、一歩間違えれば自己破産などに陥る危険性も持ち合わせています。リボ払いやキャッシングが目的なら、クレジットカードを持つべきではありませんね。1回払いに徹することが、クレジットカードの正しい使い方ではないかと私は思います。

セブン銀行やイオン銀行などのデビットカードはかなり優秀なので、クレジットカード代わりに結構使えます。そういったカードも含めて、自分にとって最適な1枚を探してみてはいかがでしょうか。

ということで、クレジットカードと一人暮らしのお話でした!


スポンサーリンク