家賃をクレジットカード払いにするには?家賃保証サービスって何?

部屋の中イメージ

家賃クレジットカード払いが可能な物件は増えています。

逆に、強制的にクレジットカードの加入を求められるケースも多くなってきたくらいなので、今後は賃貸契約とクレジットカードの関係も益々深まってくるのではないかと思われます。

ただ、家賃のクレジットカード払いはまだまだ少ないのが現状です。

今住んでいる物件がいつのまにかクレジットカード払い対応になっている可能性もあるかもしれませんが、可能性としてはかなり薄いので、とりあえず確認してみて無理なら諦めるしかありません。

しかし、引越しを考えていて、新しく物件を探すなら別です。家賃のクレジットカード払いが可能な物件はいくらでも探すことが出来るので、必ず希望の物件は見つかるはずです。

では、どうやって探すのかみていきましょう!

スポンサーリンク

家賃をクレジットカード払いにするには?

クレジットカード払いを条件で物件探し

不動産情報サイトを利用すると全国の物件を探すことが出来ます。家賃のクレジットカード払いが可能な物件を探すなら、こちらの2つのサイトが物件の取扱数が多いのでおすすめです。

・いい部屋ネット
・アパマンショップ

クレジットカードのブランドに関係なく利用出来るので、新しくカードを作る必要もありません。とりあえず今使っているクレジットカードで家賃を支払いたい場合などにピッタリですね。

強制的にクレジットカードを作らされることも?

不動産屋さんによっては、賃貸契約の際にクレジットカードへの加入が必須条件になることもあります。結果的には家賃のクレジットカード払いが可能になるわけですが、自分が欲しくないクレジットカードを作る羽目になってしまいます。

・オリコカード
・ライフカード
・ジャックスカード
・セディナカード等

こういったクレジットカード会社と提携していることが多いですが、自分で選べないというデメリットがあります。利用したい不動産屋さんがあるなら、予め情報を集めておくことが大切になってきますね。家賃のクレジットカード払いが可能な物件はあるのか、利用可能の場合はどんなクレジットカードが使えるか等を確認しておくといいでしょう。

また、大和リビングの「D-room Card」のように自社ブランドのクレジットカードが用意されていることもあります。大和ハウス系の賃貸住宅を借りるなら「D-room Card」の入会が必須です。カードの申込みは、賃貸契約と同時に行うことになります。

このように、クレジットカードが指定されてる物件も結構あるのですが、一度作ってしまえば次回からが楽という利点はありますね。もちろん、別の不動産屋さんが管理する物件に引っ越すとなると、また最初からということになりますが(笑)

クレジットカードの家賃保証サービス

最近増えてきているのがクレジットーカードの家賃保証サービスです。

このサービスを利用すれば、基本的に連帯保証人を用意したり、家賃保証会社と契約する必要もなくなります。もちろん、家賃もクレジットカード払いとなります。

・エポスカード
・イオンカード
・ライフカード
・オリコカード
・セディナカード

こういったクレジットカードが家賃保証サービスの提供で知られていますが、物件の探し方はそれぞれのカードによって異なります。専用の不動産情報サイトが用意されているクレジットカードを選ぶと探しやすです!

スポンサーリンク

クレジットカードの家賃保証サービスの利用

エポスカード「ROOM iD」

カード券面

エポスカードの保証人お任せブラン「ROOM iD」です。

丸井グループでお馴染みのエポスカードの家賃保証サービスとなりますが、エポスカードを既に持っている場合でも「ROOM iD」の契約を別にする必要があります。ちなみに「ROOM iD」のみの申込みも可能です。

物件の検索は、マルイのお部屋探しネットから行えます。

公式サイト マルイお部屋探しネット

イオンカード「イオンカードde家賃」

カード券面

イオンカードにも家賃保証サービスが用意されています。

・イオンハウジング
・イオンde家賃

これらのサイトで対象物件を検索することが出来ますが、意外と物件数も多くお目当ての物件を探しやすくなっています。「イオンカードde家賃」については、別記事で詳しく紹介していますので、気になる方は参考にしてみてください(`・ω・´)ゞ

イオンカードで家賃を支払うには?ときめきポイントは貯まる?

2017.12.19

家賃のクレジットカード払いのメリット

家賃の支払いでポイントが貯まる

家賃のクレジット払いの最大の利点はポイントが貯まることです。

クレジットカードを上手く利用している人は、電気・ガスなどの公共料金をクレジットカード払いにしていたりしますが、ここに家賃が加わると最強の布陣となってきます。年間で比較した場合の差は歴然です。

もちろん、ポイント還元率も重要になってきます!

保証人不要で借りられることも

賃貸契約には、連帯保証人を用意したり、家賃保証会社と契約する必要があります。アパートを1室借りるのも、色々と大変だったりするんですよね。

しかし、クレジットカードの家賃保証サービスを利用すれば、こういった問題が一気に解消されることになります。カード1枚ですぐに契約出来たりもするので、間違いなく便利です。

簡単に契約出来て、ポイントも貯まるわけですからね。

条件は限定されるとは言え、物件を探すだけの価値はあります!

家賃のクレジットカード払いのデメリット

手数料が取られることもある

今まで何故、家賃の支払いにクレジットカードが利用出来なかったかと言うと、答えは単純で手数料の負担が大きかったからです。今はそれ以上にクレジットカードを導入する利点が上回るということで使えるようになってきたようですが、根本的に手数料の問題が改善されたわけでもないようです。

家賃に手数料が上乗せされていることも十分に考えられます。

クレジットカード手数料の名目で徴収される場合もありますし、予め家賃に含まれる場合もあったりします。明らかに相場に対して賃料が高いとすれば、完全にクレジットカード払いのデメリットということになりますね。

手数料がいくらくらいかかっている把握することも大切です。

支払いが遅れると信用に傷がつく

クレジットカードは信用第一です。

クレジットカードをきちんと利用すれば、それだけ信用は上がります。クレジットカードを使うと、個人信用情報機関に利用実績が記録される仕組みになっているのですが、この情報はカード会社の審査において重要な判断材料となります。

この記録された利用実績のことをクレジットヒストリーと呼びますが、もちろん、延滞などをした場合でもしっかりマイナス情報として登録されます。一般的には家賃の支払いが遅れたとしても、こういった個人信用情報機関に記録される心配はありませんが、クレジットカード払いとなれば話しは別です。口座の残高不足で引落しが出来なかったりすれば、しっかりマイナス情報として登録されます。

クレジットカードヒストリーに傷がつくわけですね(-_-;)

クレジットカード払いにはそういうリスクもあります。

今回のまとめ

家賃をクレジットカード払いにするには?

家賃のクレジットカード払いに対応した物件を探すのが手っ取り早いです。

大東建託の「いい部屋ネット」や、アパマンショップの「カードで家賃」などで物件を検索すれば、クレジットカード払いに対応した物件を簡単に探すことが出来ます。

また、エポスカードの「ROOM iD」イオンカードの「イオンカードde家賃」などの家賃保証サービスを利用すれば、家賃のクレジットカード払いだけでなく、家賃保証会社との契約自体が不要だったりもするので、通常よりも格段に契約がスムーズになります。

エポスカードなら「マルイのお部屋探しネット」、イオンカードなら「イオンハウジング」「イオンカードde家賃」といった専用の不動産情報サイトが用意されているので、そちらから物件を検索すれば対象のお部屋もすぐに見つかります。

あとがき

家賃保証サービスのあるクレジットカードを1枚持っておくと心強いと思います。いざという時に、必ず役に立ってくれるはずですからね。

ただ、きちんとしたクレジットヒストリーを持っていれば問題ないので、わざわざ家賃保証サービス目的でカードを新しく作ることもありません。クレジットカードは沢山持ち過ぎても、審査にマイナスに働くことがありますからね。何事もほどほどが一番です(笑)

とにかく、家賃のクレジットカード払いが可能な物件は確実に増えています。物件選びが重要になってきますので、まずは今回ご紹介した不動産情報サイトでクレカ払いが可能な物件を探してみるといいですね。

結構良い物件が見つかるのではないかと思います。

ということで、家賃のクレジットカード払いのお話でした!


スポンサーリンク