納豆は食べ方で健康効果が変わる?知っておきたいことは?

納豆イメージ

納豆は健康食としても大人気です。

栄養バランスに優れていてダイエットにも向いていますし、何より毎日食べても飽きない美味しさが素晴らしいですよね。

ただ、納豆の食べ方によっては、せっかくの効果が半減していることもあったりします。

勿体ないですよね(;´・ω・)

最大限に効果を活かす食べ方を知っておきましょう!

スポンサーリンク

納豆は食べ方で健康効果は変わる!

納豆をどれくらい食べるのか?

納豆は栄養バランスに優れた健康食品ですが、食べ過ぎには注意しなくてはいけません。どんなものでも食べ過ぎにはダメだってことです(笑)

・カロリーオーバー
・尿酸値の上昇

こういった問題が懸念されるわけですが、カロリーにしろ尿酸値の上昇にしろ、納豆に限ったことではありません。

尿酸値が上昇するとどうなる? 尿酸値が高い状態が続くと痛風を引き起こす原因となります。主に足の指に発生する関節炎です。アルコールや肉の摂取量が多い人によくみられます。
尿酸値の上昇にはプリン体が影響してくるのですが、納豆にはこのプリン体が多く含まれていると言われています。ただ、このプリン体は肉や魚、豆類などにも同じように含まれているので、納豆だけでなく食べるもの全体で取り過ぎないように注意する必要があります。

納豆単体で考えた場合、1パック(50g程度)なら何の問題もありません。

カロリーも1パックなら100kcalほどです。

納豆を食べる適量は、この1日1パック(50g程度)が目安とされています。

納豆イラスト

納豆をいつ食べるのか?

納豆を朝・昼・晩と毎食食べるのは食べ過ぎです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

1日1食だけ納豆を食べるとしたら、いつ食べるのが最適なのでしょう?

多くの人が朝食に納豆を食べていますが、総合的に考えると夜に食べるのが最も効果的だと言われています。テレビの情報番組などでもよく紹介されていることですよね。

寝ている間に納豆効果を最大限に活かす!

これが狙いです(`・ω・´)ゞ

例えば、納豆には血液をサラサラにするナットウキナーゼが含まれていますが、この効果が続くのが食後約12時間ほどだと言われています。寝ている間にこの効果が発揮されていれば、早朝などに発症しやすいと言われている心筋梗塞等の抑制に繋がるかもしれませんよね。また、納豆には美肌効果が期待出来るビタミンB2や食物繊維なども含まれますから、これも寝ている間に効果を発揮して頂こうということです。
もちろん、納豆をいつ食べても問題はありません。

私も朝食べたり、夜食べたりバラバラですからね。

ただ、夜の方がより効果的だという事です。

納豆に何を入れて食べるか?

納豆に何を入れて食べるかでも健康効果は違ってきます。

・ネギ
・卵

よくあるトッピングがこの2つですね。

ネギには疲労回復に効果的なビタミンB1の吸収力を高める作用があります。卵はそれ自体が栄養バランスに優れたスーパーフードなので、ビタミンAなど納豆にない栄養も沢山含まれています。

納豆に含まれる栄養素は? たんぱく質、、脂質、炭水化物、ビタミンB6、ビタミンE、ビタミンB2、食物繊維、マグネシウム、カルシウム、カリウム、鉄分など
また、卵は高コレステロール食品だと敬遠していた人も多いかもしれませんが、近年ではその考え方も変わってきています。積極的に食べても問題はありません。

卵はコレステロールが上がるってホント?一日何個までなら大丈夫?

2017.09.24
まあ、何を入れるかは人それぞれです。

こういった効果があるのは確かですが、一番大切なのは美味しく食べられることにありますからね。ちょっとした知識として覚えておくといいと思います。

ちなみに、卵を入れる場合は、卵黄だけ入れるのが良いそうです。

卵白に含まれるアビジンという成分が、納豆に含まれるビオチン(コラーゲン効果)の吸収を妨げるそうです。せっかくの美肌効果が台無しですね。アビジンとビオチンは別々に摂取することが好ましいということです。
納豆と卵白の相性が良くないみたいですね。

また、TBS系「ゲンキの時間」で紹介されていた納豆の最強トッピングが、キムチ&オリーブオイルでした。納豆にキムチとオリーブオイルの組み合わせは、整腸作用がより高くなり、お通じも含めた美肌効果が期待出来るそうですよ。

納豆をどうやって食べるか?

納豆の食べ方は一つだけではありません。

パスタやオムレツ、うどんやみそ汁など、和洋問わず様々なアレンジレシピが存在します。お寿司の納豆巻などはよく食べますよね。

ただ、ナットウキナーゼやビタミンB群などは熱に弱い傾向があるので、納豆のより効果的な食べ方として考えると、加熱調理はあまり適していないと言えます。炊き立てご飯の上に乗せたり、みそ汁の中に入れるよりも、納豆単体で食べた方が効果が高くなるということです。

納豆の効果を最大限に活かすという意味では

納豆は加熱しない方が良い!

ということですね。

でもまあ、私自身も納豆は熱々のご飯の上に乗せて食べるのが大好きですし、個人的にはそこまで気にし過ぎる必要もないかなと思っています(笑)

納豆の食べ方と健康効果についてのまとめ

納豆の効果的な食べ方を知っておく

納豆は誰もが認めるカラダに良い食べ物ですが、効果的な食べ方で更に効率がアップします。過剰に意識することもありませんが、頭の隅っこにでも入れておくと役立つことはあると思いますよ!

・納豆は1日1パック(約50g)が適量
・納豆は夕飯に食べるのが良い
・納豆に卵を入れる時は黄身だけにする
・納豆とキムチの組み合わせは最強クラス
・納豆は加熱して食べない

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

是非是非お役立てください(`・ω・´)ゞ

あとがき

私の家の冷蔵庫には常に納豆が入っています。

でも、時には納豆の出番がない日もあったりするものです。

そんな時は、夕飯の少し前に納豆だけ食べる食べ方もオススメです。納豆単体で食べるので効果的にはバッチリですし、夕飯前に食べることで満腹感が生まれるんですね。

その後に食べる夕飯の食べ過ぎを抑えるわけです。

この夕飯前納豆は、ダイエット方法として結構知られています。

自分の好きな食べ方で納豆を食べることが一番ですが、こうした健康を意識した食べ方もたまにはいいものですよ。食べ過ぎだけには注意して、今後の納豆ライフをお楽しみください(*゜∀゜)ノ

ということで、納豆の食べ方と健康効果についてでした!


スポンサーリンク